スポンサーサイト

2015.09.30 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    格安航空が無くなる?パイロット不足が深刻化しているらしい

    2014.05.25 Sunday

    0
      飛行機の格安チケットといえば、旅行する人にとってはとても助か
      る存在ですよね。特に海外旅行の場合正規料金でフライトする場合
      、ハワイに行くにも50万円近くかかってしまいます。それが格安
      チケットを使用するとオフシーズンであれば5万円も出せば行くこ
      とが出来るのです。

      多少、サービスが悪くても金額には変えることはできません。その
      ためJALやANAのような大手の航空会社も早割などで対応する
      という方法を取るようになりました。

      以前はパイロットといえば年収3000万円と言うのは普通だった
      といいます。それが今では大手の航空会社でさえも1900万円に
      まで下がっているそうです。

      1900万円といえば普通では考えられないほどの年収ですが、多
      くの人の命を預かるパイロットとしてはそれでも安すぎる金額のよ
      うです。

      しかし、この金額よりも格安航空と言われるピーチ・アビエーショ
      ンの様な会社の場合1200万円にまで下がるようです。そのため
      、今LCC各社においてパイロットが他の航空会社へ流出するとい
      う事態が発生しているようです。

      同じ働くのであれば少しでも給料のいいところで働きたいというの
      は誰もが思うところでしょう。格安航空であろうが普通の航空会社
      であろうが飛行機を運転するというのは一緒の行為ですから。

      今、ピーチ・アビエーションはパイロットの人材不足のために2,00
      0便近くの飛行を取りやめていると言われています。その損失は莫
      大なものになるはず。

      少しでもパイロットの年俸を上げることが今後会社を存続するため
      には必要なことかもしれません。しかし、そうなると航空運賃に上
      乗せされるでしょうから格安航空の意味がなくなるためにこの分岐
      点をどこに持ってくるかがこれから存続するために必要な決断にな
      ることは確かのようです。
      JUGEMテーマ:国内格安航空券


      スポンサーサイト

      2015.09.30 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする